この記事は……。

  • スキンウォーターがどういうものか知りたい
  • vcスキンジェルとスキンウォーターをセットで買いたい
  • スキンウォーターを買おうか迷っている

こんなことを考えている人にオススメの記事です。
philtech社は「スキンウォーター」は特殊な半導体技術によって、
より角質層に届くように改良された化粧水(スチーム水)となっています。
スチーム水については後ろに詳しく書いてあります。

 

そして「スキンウォーター」で角質までの通り道を作ったら、
99%が有効成分である「vcスキンジェル」でお肌を透明感とハリのある美肌へと導いてくれます。

 

この「vcスキンジェル」の特筆すべき点は主に2つあります。

 

(1)5種類のビタミンC誘導体とビタミンEの有効成分を高濃度に配合。
(2)超極細のスチーム水によって有効成分をすばやく深く角質層まで届ける。

 

この2つによってがお肌の調子を整え、
キメやくすみインナードライ肌などを改善していきます。
詳しく見て行きましょう。

 

 

 

・vcスキンジェルの『5種類のビタミンC誘導体とビタミンE』の効果とは?

これらには以下のような効果が期待できます。

 

  • 整肌効果
  • 透明肌アプローチ
  • ハリ感・ツヤ感をもたらす効果
  • キメを整える効果
  • つまりにくい肌作り
  • Tゾーンさらり保湿

 

・【スチーム水】って何?どんな効果があるの?

・スチーム水とは・・・・

半導体テクノロジーによって開発し調整した、※過熱水蒸気水のことです。
既存水とは違い、活性化された極小の分子構造を持つ水となります。

 

※【サイズを半分に】過熱水蒸気水:フィルテックの装置で、700°C以上の高温で水を過熱水蒸気に変え、できた過熱水蒸気を瞬間的に冷却し水に返還することで、過熱水蒸気状態と同様のH2O分子を保持している過熱水蒸気「スチーム水」が生成されます。

 

・スチーム水の効果

【分子構造が毛穴よりも小さいため、お肌への浸透が良く有効成分を効果的に角質層までデリバリーできます。
毛穴の奥まで入るから不要なものを「洗い残し汚れ」をすっきり落とす
塩素などを不純物を取り込んで水道水によるダメージを防ぐ

 

 

vcスキンジェルは敏感肌嬉しい!?

vcスキンジェルはお肌のためだけを考えて作られた美容液です。
肌にダメージを与える成分を徹底的に抜いています。
具体的には「パラベン、エタノール、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料」の不使用なんです!
さらに敏感肌の方には嬉しい【乳化剤不使用】でジェル化した美容液となっています。

 

・vcスキンジェルを実際に使ってみるとこんな感じ

中身はパウチで入っています。
いつも新鮮な環境の中で利用できるように こんな感じの外見なのです。
トータル10個のパウチがいれてます。
パウチを開ければ、新鮮な状態のまま肌の手入れが可能です。
美容液とのことで、濁りのないものを考えたのですが中を開けて見ると色は白濁色で、
質感は美容液なのですが乳液のような外観です。

 

これで乳化剤を活用していないのは素晴らしいですよね。
普通でしたら水に美容材料が混ざった状態は維持出来るはずがないことを想像しますが、
半導体テクノロジーによって、スチーム水と美容液が離別せずに混じった状態をキープしていることが素晴らしいと思いました。

 

私はスキンウォーターで肌をなじませてみます。
さっぱりとしていてべたつかない感じでした!
ちなみに拭き取り化粧水や導入化粧水としても使用可能でスプレー式なのでお肌にたっぷりと塗布して?OK!

 

最後にvcスキンジェルを手でやさしく顔を覆ってゆっくりと馴染ませて使っています。
使ってみると分かるのですが、やわらかく、よく伸び ピタリと寄り添うように浸透します。

 

べたつかない付け心地でちゃんと肌を守ってもらえている印象です。
ピリピリ感もなくて、カラカラになっている私の肌でもやんわり使えるところも有難かったです。
実効性のあるケアを切望する方にも、
ストレスを与えない使い心地を求める方にもGoodなスキンケアとなります。

 

肌を綺麗にしたいならセットで購入が絶対オススメ!

 

ざらつき、ごわつき、べたつき、テカリ、キメ、できもの、毛穴トラブルなど
治しては消え治しては消えを繰り返していませんか?
それを絶対に今回限りにしたい!
と思うなら私は圧倒的に【vcスキンジェル】と【スキンウォーター】のセットの購入をオススメします!
なぜならvcスキンジェルだけだと効果が半減してしまうからです!

 

 

 

vcスキンジェルとスキンウォーターを同時に買わないと効果が半減する理由

理由はスキンケア前のお肌の状態が整っていないからです!

 

どういうことかというと、
ざらつき・ごわつき・キメ・テカリなどで悩んでいる人は
毛穴に残った汚れや古い角質・残留塩素が残ったままスキンケアをしていたから、
なかなか肌トラブルが治らないんです!

 

畑で例えると
「肥料を入れて、雑草や害虫を駆除した整備された畑」と
「雑草が生え放題、害虫もわんさかいて荒れた畑」では
作物がどっちが育ちやすいか?
ということです。

 

スキンウォーターは畑という肌をしっかり整備してくれるので、
これを最初につかわないとvcスキンジェルの効果が半減してしまいます。

 

だから万年悩まされている肌トラブルを今回限りでしっかり治すなら、
断然セットで使うことを圧倒的にオススメします!

 

 

保湿は「水分を補充して、脂分で蓋をする」

保湿は2ステップでOK たっぷりやっても吸収されない!
これは基本だからてきちんと説明します。
保湿剤はこの「水分を補充するもの」と「蓋をする油分」の2種類。保湿は基本的に、「不足した水分を補い、油分で蓋をする」 2ステップができていれば 十分です。 だからといって、ただの水(精製水でも水素水でもなんでも!)を肌に乗せても意味ないからね! ただの水は蒸発するので、肌の角質層に留まることがで きる水分を含んだ物質を入れる必要があります。 水分を補充せず油分で蓋をするだけだと、いわゆるインナードライになってしまいます。油分の蓋がなければ、いくら水分を補充してもどんどん蒸発してい くので肌がカピカピになります。

 

あと美容液、クリーム、セラム、ブースター、導入剤も塗ってますよ。たっぷり保湿したらプルプルになりますよね。
正直、塗りすぎによるダメージもなければ、塗るほどよいという効果もないです。 ちなみに美容液、セラム、クリーム......実はこれらに正確な定義はなくて、化粧品会社の判断でそう名付けているだけ。「油分多めでこっくりしてるからク リーム」「水分多めだからセラム」とかそんなノリよ。 オールインワンタイプの保湿剤は、水分と油分をバランスよく配合しているもの......という理解でよいでしょう。 なにか加えるなら高価なラインを全部揃えるより、自分の肌に合わせて必要な成分がしっかり含まれた製品を選んで使うと効果的でコスパもいいです。

 

セラミドは皮膚の外側の角質層における細胞間脂質の一つで、保湿とバリア機能において とっても重要な成分。人の肌には 300 種以上のセラミド分子が確認されていて、これらと 同じ構造を持つセラミド原料を「ヒト型セラミド」と呼びます。これまでコンニャクやト ウモロコシなど植物由来のセラミドはありましたが、人の肌に対しては、ヒト型セラミド 注目の成分「セラミド」 でなければ保湿効果は低くなります。 しかし、ヒト型セラミドは自然界にはほとんど存在しておらず、そのた め非常に高価な成分でした。つまり、「セラミド入りだ」と思って買って いた方。「型」まで確認していましたか?もしかしたらそのセラミド入 りのコスメ、ぜんぜん効果が期待できないものだったかもしれませんよ。 しかし近年、植物由来のヒト型セラミドが開発されました。これはビッ グニュース! ヒト型セラミド含有商品が安価で手に入る時代が近づい ています。ぜひ注目してみてください。

 

それらを使う順序は気にしたほうがいいです。ぱっと見で「水っぽいもの→油っぽいもの」と使えば間違いはない。 一つ塗ったらなじむのを待ったりせず、すぐ次のを塗ってOK。肌の中で混ざっていけばいいんだから、前のが乾かないうちに塗っちゃってよし。

 

正直、肌トラブルの少ない人は日本製プチプラコスメで足ります。あれこれ塗らなくても、保湿は本来「洗顔で失ったものを補う」程度で十分。 それに、洗顔の時点で顔は濡れてるよね。その時点で角質水分量はかなり高くなっているんだから、保湿はちょっと整える程度の感覚でなじませてあげれば いいの。コットンでも手でも、こすらなければどちらでも大丈夫。叩き込んだりもしないでくださいね。 蓋する脂分は、ワセリンがコスパよし。べたつくけど低刺激で安価。ドラッグストアに売っている「白色ワセリン」や、医療機関で処方される「プロペト 」は、美容分野でもよく使われます。

 

保湿が大事! といわれすぎて、少しでも多く浸透させるべくサランラップを巻いたり、ひたひたとろとろのパックを朝に晩に貼ったりしてる人もいるけ ど、角質水分量は、ある一定量あれば十分。 そもそも角質は表面に押し上げられていく間に死んでしまった細胞でできてます。しかもターンオーバーで剥がれ落ちて入れ替わっていきます。それを必死で ケアする意味って、どのくらいあるの?
オイリー肌の人は、保湿は控え目のほうがいいのか?
ニキビの方の中には「皮脂が多くてニキビができるから保湿はしない」と言う人がいるけど、これは逆効果。皮脂分泌を増やしてしまいます。

 

更新履歴